2018年12月07日

何のために○○は死んだんだ!

じゃないけどさー
相撲の話題兼体罰の話です

やっぱこうなると殴られる側にも問題あったんだろうってなるわな
僕は日馬富士好きだったからふざけんなって気分ですわ
そりゃモンゴル国民も激おこですわ

まー一つだけ擁護する部分があるとするなら
相撲なんて格闘技にも近いような競技をやってる人間にはビンタぐらい(後2発ぐらい殴ったんだっけ?)で
暴力!暴力!ぎゃあぎゃあ言うのもどうかと思うけどね

上の事件があってその被害者がやってって部分にスポットを当てるのは正しいけど
たかだがそれぐらいの体罰的なもので言うのは正直どうかと思う

てか社会全体に言えるけどさ
なんなん体罰禁止の風潮って?例えば何の理由もなしに暴力振るった生徒が居る
しかし言葉だけの注意で終える
言葉だけで殴られた痛みが分かんの?どの程度やられたら人は痛みを感じるか分かんの?
分かるわけないよね?

ついでに言えば自分の経験上だけど身体の痛みより心の痛みのほうがどれだけキツイかをよく知ってる
それなのに心の痛みを与えた奴らより身体の痛みを与えた奴のほうがひどく罰せられるってどうなのよ?
まあ、これも言い始めると言ったからって殴っていいのか?みたいになるから置いとくけど

とりあえず行き過ぎた体罰即ちただの暴力になってるようなものは言語道断だけど
たださ・・・頬が腫れる、叩かれた部分が赤くなる
今回のことに限らずそんなことでぎゃあぎゃあ言うなよと思うわ

とはいえ今回の件は被害者が加害者になった上に
いろいろと注意がなされてる中で行われたんだから引退やむなしじゃないですかね?
posted by crow at 13:07| Comment(0) | ネットゲ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

「 (C) ROSSO INDEX K.K. / HUDSON SOFT All right reserved. 株式会社ロッソインデックス及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」